Security Incidents

内部不正対策とIllegalView

2017年6月29日、 日本年金機構の職員が個人情報約400人分不正に持ち出し逮捕されたとの記事が掲載されました。

容疑者は、2014年10月~2016年2月の間に、年金事務所のパソコンから加入者情報(氏名、住所等)が記載された書面を印刷し盗み出したとされています。

機構では、対策として執務室に監視カメラの設置、また私物持ち込みに透明のかばんを使用を検討するとのことでした。

Illegal View (イリーガルビュー)は画像証跡、オペレーション証跡ソリューションとして、使用されたPCの画面を鮮明に最小のデータ容量で24時間365日記録することができます。

テキスト、その他操作ログも全て記録します。

そして、ネットワークへの負荷も最小限です。

ですので、パソコンに監視カメラを設置するのと同じで、不正抑止、防御に貢献します。

また、機能制限機能を活用すれば、個人情報ファイルへのアクセス制限、USB利用禁止、不正利用が発生した場合、管理者への警告、さらに強制ロックの機能で大切な情報資産を守ります。

また、同時に、強力な検索機能で、見たい箇所をピンポイントで画像再生、テキスト再生が可能です。

問題早期発見、検証、また、非不正使用の証跡としても活用いただけます。

ぜひ、導入を検討ください。