Tips Blog

画像証跡ソリューション Illegal View White List (ホワイトリスト) 機能でサイバー攻撃対策を!

操作画面画像証跡ソリューションのIllegal Viewですが、今回は、White List(ホワイトリスト)によるサイバー攻撃の防御方法とIllegal View活用というテーマを取り上げます。

White List(ホワイトリスト)方式は使うソフトのみ登録し、それ以外は実行禁止となる、単純明快で強力なセキュリティ対策です。既知、未知にかかわらず、ウィルスが例え侵入しても、実行が禁止され、安全が守られるという方式です。バックドア対策、不正サービス起動、ウィルス感染、偽装プログラムに対し有効です。そして、論理的に機能が実行されていれば一般的に言われている不正行為は、100%阻止できます。それがWhite List (ホワイトリスト)方式です。

Illegal ViewはWhite List(ホワイトリスト)を標準機能として実装しています。
その特長ですが、

  1. すべての有効プログラムの登録が自動で行えます。
  2. 仮にウィルスが侵入しても、Illegal Viewはその実行を阻止します。
  3. 管理者に自動通知、2次感染、情報窃取を阻止するため、該当のPCをロックできます。

管理者は直ちに原因調査、対策に、該当の画像証跡、またオペレーション証跡をポイントポイントで活用できます。

White List(ホワイトリスト)の設定の流れですが、

  1. 部門ごとに正となるアプリがインストールされかつ起動実績があるPCを用意すること。ここが一番重要です。



  2. Illegal ViewのWhite List(ホワイトリスト)機能を実行。自動で正として登録されたアプリのみ起動する設定を行います。



  3. 正として登録したアプリを該当部門のPCに、Illegal Viewの配布機能を使って一斉配布。



これにより、部門で利用されるアプリは例外なく同じアプリだけとなり、仮に、それ以外のアプリがすでに登録されていた場合、起動させません。また、配布に際し、業務に支障を引き起こすこともありません。

以上がIllegal Viewを使ったWhite List(ホワイトリスト)の設定の流れとなります。自動登録と一斉配布で皆さんのITインフラを強力に、簡単に守ることができます。また、仮に問題が発生しても、Illegal Viewの画像、ログ記録を活用することにより、すぐに問題に対処することを可能にします。

White List(ホワイトリスト)設定ご希望のIllegal Viewユーザの皆様にはPDFで資料をお送りしますので、問い合わせフォームよりご依頼ください。Illegal Viewというと、画像証跡、オペレーション証跡だけと思われがちですが、強力なエンドポイントセキュリティの機能も実装されていることを実感ください。そして、Illegal ViewのWhite List(ホワイトリスト)の活用検討ください。

操作画面画像証跡ソリューション:Illegal Viewの製品情報はこちら