機能一覧&動作環境

イリーガルビュー 機能一覧 (Professional Version)

機能 概要説明
記録機能 画像記録 コンピュータの起動中より画面を記録
マルチモニタ記録 複数のモニタを使用している環境の画面を記録
リモートデスクトップ記録 リモートデスクトップ、ターミナルサービスのセッション画面を記録
オフライン記録 ネットワーク未接続時に記録機能が動作
記録間隔 1秒~9999秒に記録間隔を変更可
画面の色 モノクロ、16色、256色、High Color(16bit)、True Color(24bit)、コンピュータ側の設定色
スクリーンセーバ スクリーンセーバ起動中の画面記録を無効可
画像再生 再生、逆再生、再生速度(6段階)、再生サイズ・コンピュータ側解像度で再生
テキスト デスクトップに表示された文字列を記録
コマンド コマンドプロンプト上でのコマンド実行を記録
キーボード デスクトップ上でのキーストロークを記録
マウス デスクトップ上でのマウスクリックを記録
アプリケーション アプリケーションの起動、終了を記録
ファイル利用 ユーザ、アプリケーション、OSなどがアクセスしたファイル名を記録
状態 ユーザのログイン、ログオフ、シャットダウンなどコンピュータの状態を記録
リソース ハードウェア、ドライブ、プリンタ、アプリケーションなどコンピュータ情報を記録
カメラ コンピュータのビルトインカメラまたはWeb カメラで撮影した画像を記録
リアルタイム表示機能 リアルタイムモニタ コンピュータの現在の記録画面を順次表示(0.5秒~5秒の範囲内で記録間隔を変更可)
リモートリアルタイムモニタ リモートデスクトップの現在の記録画面を順次表示
検索機能 サーバ検索 イリーガルビューサーバが管理している履歴・アラーム情報の検索
アラート機能 システム イリーガルビューサーバ・クライアントの運用に関わる動作を検知
アプリケーション アプリケーションの起動の検知
ファイルアクセス ファイルへのアクセスを検知
リソース コンピュータ・リソースの変更を検知
キーワード デスクトップ画面上のテキスト内に指定したキーワードが存在した場合は検知
リムーバブルドライブ リムーバブルドライブの接続を検知
ログイン コンピュータへのログインとログインユーザを検知
マルチアラーム 既存のアラート条件を連続的に満たすことによりアラートを発生
制限機能 アプリケーション アプリケーションの起動を禁止(ホワイトリスト、ブラックリストに対応)
ファイルアクセス ファイルへのアクセス(オープン、コピー、移動、印刷)を禁止
リムーバブルドライブ ドライブへのアクセス(読み込み、書き込み)を禁止
通知機能 管理者 管理コンソール上にアラーム内容を通知、Eメールでアラーム内容を送信
ログ保存 アラーム内容を記録
ユーザ 対象のコンピュータにメッセージダイアログを表示
動作変更機能 記録 通常の記録条件を特別な記録条件に変更
ロック 対象のコンピュータの画面をロック
クライアント保護機能 ステルス クライアントプログラムはタスクマネージャ・エクスプローラへは非表示および停止不可
起動状況 クライアントプログラム動作中のアンインストールは不可
オブザーバ クライアントプログラム起動不可時にコンピュータの起動を制限
起動モード制限 セーフモードでのWindows起動後にコンピュータの起動を制限
ファイアウォール対策 イリーガルビューサーバへ接続不可時はネットワーク資産の利用を禁止
オプション機能 ビデオエクスポート 記録した画像をAVI形式にエクスポート
コマンドライン コマンド実行でコンピュータの画面をロック
レポート オリジナル帳票を印刷
ライセンス種類 暗号化方式 独自の暗号化方式またはPCI-DSS準拠の暗号化方式を選択可能

* Standard version :機能一覧添付PDF参照ください。


イリーガルビュー 動作環境

イリーガルビューサーバ

  • 32bit版/64bit版OSに対応
  • 日本語/英語/各国語OSに対応
  • 管理コンソール(32bit版)が付属(ライセンスフリー 日本語/英語/タイ語OSに対応)
対応OS(*1)
Windows Server 2016, Windows Server 2012R2, Windows Server 2008R2, Windows 8.1(*2), Windows 7(*2)
*1
動作状況やOS、他社製導入済みアプリケーションのアップデートなどの状況や他社製導入済みアプリケーションの仕組みまたはインストールする機器本体の仕様などにより、操作画像や履歴を取得することが困難な場合があるため、全取得を保証するものではありません。

同時にご提供するサーバ(コンソール)プログラムとクライアントプログラムのバージョンによる組み合わせで動作確認しております。それ以外のプログラムのバージョンの組み合わせによる動作は確認しておりません。

機能の詳細・動作等に不明点がありましたらご利用環境にて評価版による動作をご確認ください。

サーバプログラム導入前にMicrosoft Access 2016 Runtimeの64ビット版または32ビット版の導入が必要です。

将来予告なくプログラムの仕様の変更がありますことをご了承ください。
*2
サーバOSではないため、本製品導入後のネットワーク障害は免責といたします。
推奨ハードウェア環境(*1)
CPU Pentium4以上
RAM 2GByte以上(RDP セッションを記録する場合は別途[2×仮想クライアントライセンス]MB を利⽤)
HDD サーバプログラム格納に20MByte、保存が見込まれる履歴データ量(*2)、データベースの格納に500MByte/個(*3)
*1
ハードウェア環境について
  • 物理/仮想環境が、弊社製品の稼動に必要なスペックであること。
  • 物理/仮想環境にて、弊社製品が対応するOSが正常に動作すること。
  • 弊社製品が対応するOSが、物理/仮想ハードウェア環境によりOSの情報等を書き換えられていないこと。
サポート範囲について
  • 物理/仮想環境ついて、そのすべてに対して弊社製品を動作確認することは困難です。そのため、物理/仮想環境固有に発生した事象については免責といたします。
  • 物理/仮想環境固有に発生した事象についての対応は試みますが、問題の特定・解決・回避、製品の改修などを実現することが不可能な場合もありますことをご了承ください。
  • 物理/仮想環境固有の事象について、弊社にて必要と判断した場合にはHPにて公表いたします。
推奨環境の変更について
  • 将来予告なく変更することがありますことをご了承ください。
*2
サーバPCのディスク容量がなくなった場合、クライアントからの転送データを記録しません。

1クライアントあたり1日の最大記録サイズは4GByteを上限とし、以降のクライアントからの転送データを記録しません。

解像度が1,024x768の画面を8時間・16色・5秒間隔で記録した場合、少なくとも約30MByteが記録容量の目安となります。

ひとつのサーバには最大5,000クライアントを登録することができます。
*3
データベースファイルは500MByte毎に複数個作成されます。

イリーガルビュークライアント

  • 32bit版/64bit版OSに対応
  • 日本語/英語/各国語OSに対応
対応OS(*1)
Windows 10, Windows 8.1, Windows 7(*2), Windows Vista(*3), Windows XP(*3),
Windows Server 2016, Windows Server 2012R2, Windows Server 2008R2(*2)(*3), Windows Server 2003R2(*3)
*1
動作状況やOS、他社製導入済みアプリケーションのアップデートなどの状況や他社製導入済みアプリケーションの仕組みまたはインストールする機器本体の仕様などにより、操作画像や履歴を取得することが困難な場合があるため、全取得を保証するものではありません。

同時にご提供するサーバ(コンソール)プログラムとクライアントプログラムのバージョンによる組み合わせで動作確認しております。それ以外のプログラムのバージョンの組み合わせによる動作は確認しておりません。

機能の詳細・動作等に不明点がありましたらご利用環境にて評価版による動作をご確認ください。

将来予告なくプログラムの仕様の変更がありますことをご了承ください。
*2
Windows 7およびWindows Server 2008R2へクライアントプログラムを導入する前に、Windows Update のセキュリティ更新プログラム(KB3033929)が既に適用されWindowsが正常に動作していることをご確認ください。
*3
一部の機能に制限があります(Windows Server 2008、Windows Vista 以前のOSはSHA1に未対応のため)。
推奨ハードウェア環境(*1)
CPU Pentium4以上
RAM 1GByte以上(RDP セッションを記録する場合は別途[400×セッション数]KB を利⽤)
HDD クライアントプログラム格納に20MByte、オフラインモードで記録する場合はその設定値(*2)
*1
ハードウェア環境について
  • 物理/仮想環境が、弊社製品の稼動に必要なスペックであること。
  • 物理/仮想環境にて、弊社製品が対応するOSが正常に動作すること。
  • 弊社製品が対応するOSが、物理/仮想環境によりOSの情報等を書き換えられていないこと。
サポート範囲について
  • 物理/仮想環境ついて、そのすべてに対して弊社製品を動作確認することは困難です。そのため、物理/仮想環境固有に発生した事象については免責といたします。
  • 物理/仮想環境固有に発生した事象についての対応は試みますが、問題の特定・解決・回避、製品の改修などを実現することが不可能な場合もありますことをご了承ください。
  • 物理/仮想環境固有の事象について、弊社にて必要と判断した場合にはHPにて公表いたします。
推奨環境の変更について
  • 将来予告なく変更することがありますことをご了承ください。
*2
オフライン記録中にクライアントPC のディスク容量がなくなった場合、クライアントプログラムは記録を停⽌します。

OS のシステムドライブに記録しますので、空き容量にご注意ください。

Illegal View イリーガルビューページ一覧