特長

Illegal View イリーガルビュー ( Professional Version )

概要

* 株式会社ケイディティエスが独自技術で開発したWindows向け、軽く、機能豊富な操作画面画像証跡、オペレーション証跡ソリューションです。

* PCI DSS暗号化準拠版Illegal Viewイリーガルビューも選択いただけます。

* 操作画面画像証跡により、不正なシステム操作の抑止効果で、不正操作を未然に抑止、また、インシデント調査の迅速化、また 非不正使用の証跡として活用いただけます。

* 操作画面画像証跡だけでなく、 リアルタイム表示機能、強力な検索機能、様々なアラーム機能、クライアント保護機能 (簡単ホワイトリスト、ブラック設定、USB制限など)で、御社のITインフラの安全を強力に支援するエンドポイントソリューションです。

* 様々な活用例で御社のITセキュリティ強化に活用いただけます。

  • 不正抑止、内部統制対策
  • 事故発生原因の検証
  • リアルタイム監視
  • 非不正使用の画像による証跡
  • 外部攻撃にたいしてのエンドポイントセキュリティーソリューション
  • 画像を利用した社内教育、研修
  • 働き方改革。自宅勤務者のモニター

Illegal View イリーガルビューシステム構成例

Illegal View イリーガルビューシステム構成例

特長

* kdts の独自技術で開発されたWindows向けの操作画面画像証跡、オペレーション証跡ソリューションズ、エンドポイントソリューション

* リアルタイム表示機能、強力な検索機能、様々なアラーム設定、クライアント保護機能で御社のITセキュリティを強力に守ります

特長詳細

* kdts の独自技術で開発されたWindows向けの操作画面画像証跡、オペレーション証跡、エンドポイントソリューションです。

100%kdtsの独自技術で、Windows向けに開発した操作画像画像証跡、オペレーション証跡、エンドポイントソリューションです。 海外の技術は一切用しておりません。お客様の要望に迅速に自社技術で対応可能です。

* 画像は、最短0.5秒から記録可能。 24時間連続での画像記録、またオフライン時も記録可能、また設定された条件の合致のみ録画することも可能

今回のバージョンアップでビルトインカメラ、USBカメラを利用し、オペレータの写真を随時録画できる機能を追加。作業者を画像で確認可能。

独自の画像圧縮技術により膨大な記録データを圧縮し、PCやネットワークに負荷を与えずに記録します。1台のサーバで5000台以上の管理も可能。
(推奨: マルチコア(クアッド以上)CPU、メモリ16GB以上のサーバ用途マシン)
御社のネットワークインフラ、ハードを変更することなく、簡単に導入可能です。

高圧縮のためHDD容量を圧迫しません!(1,024x768/5秒間隔/8時間/16色で記録)


リモートデスクトップ対応

RDPサービスを提供するパソコンにIllega lView イリーガルビューが導入されていれば、リモート接続を行うパソコンにIllegal View Clientの導入なしでリモート接続画面記録可能。(XenAppにも対応)

  • リモート接続セッション上の操作も画像録画、ログ取得し記録します。
  • 踏み台構成の場合その先へのRDP接続は画像録画のみ。Illegal View Clientをサーバ群に導入すれば、ログを記録します。
  • 画像データ、ログデータはすべて暗号化。 仮に漏洩しても、登録された管理者以外再生できません。

イリーガルビュー構成事例(サーバ群を直接操作しない場合(踏み台利用))

イリーガルビュー構成事例(サーバ群を直接操作しない場合(踏み台利用))

  1. サーバライセンス(1ライセンス、ライセンス不要の管理コンソールが付属)
  2. クライアントライセンス(踏み台サーバ台数分)
  3. 仮想クライアントライセンス(踏み台サーバ群全台数への同時接続合計数分)
    1. RDPセッションを記録する場合に必要なライセンスです。
    2. 踏み台サーバ個別にRDP記録の数量を指定できないため必要最大数を想定いただきます。
    3. 実機へのインストールは不要で、Illegal View Client が導入されているマシンへRDP接続時に先着順にライセンス数を上限としそのマシン上で仮想的に起動します。

■すべてのライセンスは、サーバOS用/クライアントOS用や32bit用/64bit用などの区別はありません。

イリーガルビュー構成事例(サーバ群を直接操作する場合)

イリーガルビュー構成事例(サーバ群を直接操作する場合)

  1. サーバライセンス(1ライセンス、ライセンス不要の管理コンソールが付属)
  2. クライアントライセンス(サーバ台数分)
  3. 仮想クライアントライセンス(サーバ群全台数への同時接続合計数分)
    1. RDPセッションを記録する場合に必要なライセンスです。
    2. サーバ個別にRDP記録の数量を指定できないため必要最大数を想定いただきます。
    3. 実機へのインストールは不要で、Illegal View Client が導入されているマシンへRDP接続時に先着順にライセンス数を上限としそのマシン上で仮想的に起動します。

■すべてのライセンスは、サーバOS用/クライアントOS用や32bit用/64bit用などの区別はありません。


リアルタイム表示機能、強力な検索機能、様々なアラーム設定、制限機能設定(ホワイトリスト、ブラックリスト、USB制限など)、クライアント保護機能、Illegal View イリーガルビュー無効化対策で御社のITセキュリティを強力に守ります。

リアルタイム表示機能

パソコン操作者の画面を管理者側のパソコンでリアルタイムで確認が可能。複数台も一斉監視可能。
不正や異常発見時、リアルタイムで警告メッセージ発信、遠隔ロック可能。

強力な検索機能とアラーム設定

画像だけでなく、テキストログ、コマンドログ、キーボードログ、マウスログ、アプリケーションログ、ファイル利用ログ、状態のログ、リソースログもすべて記録できます。
これらのログから検索機能をつかい、迅速に見たい画像を再生、確認が可能です。
同時にアラームを設定し、利用者に警告を自動発信可能です。

クライアント保護機能も充実 (エンドポイントセキュリティの充実)

様々な動作制限設定が可能。 USB使用制限、ホワイトリスト(※)設定、ブラックリスト設定などで御社のエンドポイントセキュリティシステムの強化が図れます。

特にホワイトリスト(※)設定機能は、簡単設定が特長で、様々な外部からのサイバー攻撃で送り込まれたプログラムを起動させないため、強力なエンドポイントセキュリティソリューションとして活用いただけます。

※ホワイトリストとは、使うソフトのみ登録し、それ以外は実行禁止となる、単純明快なセキュリティ対策です。さらに詳細な説明がTips Blogに記載されております。是非、ご覧ください。

画像証跡ソリューション Illegal View White List (ホワイトリスト) 機能でサイバー攻撃対策を!

システム無効化対策も万全

オブザーバー機能、ステルス機能、ファイアウォール対策もあり、Illegal View イリーガルビューを円滑に運用するための配慮もなされています。


PCI DSS準拠暗号化版Illegal Viewイリーガルビューの開発、販売開始

Illegal View イリーガルビューは独自の暗号を用いて情報セキュリティを強力に担保していますが、今回PCI DSS*準拠暗号方式を用いたIllegal View イリーガルビューを市場に導入いたしました。

* クレジットカード情報保護の世界基準

これによりPCI DSS準拠を検討されている企業様に選択肢の一つとしてIllegal View PCI DSS版をご利用いただけます。Illegal ViewはPCI DSS要求基準(※)6つの項目、12の要件をすべて満たすものではありませんが、クレジットカード情報保護を担保するシステム上にてすでにご利用いただいております。

※証跡管理ツールとしてPCI DSS要件2・3・6・7・8・10に対応(審査機関による審査・認定)しています。

Illegal View イリーガルビューページ一覧